メニュー

糖尿病黄斑浮腫

発症機序

糖尿病網膜症(diabetic retinopathy : DR)では、持続する高血糖により網膜毛細血管が閉塞し、網膜に血流不足の状態ができます。すると網膜に虚血細胞が生じ、この細胞からHIF(hypoxia inducible factor)が産生され血管内皮増殖因子(vascular endothelial growth factor : VEGF)の産生を増加させます。このVEGFの作用により血液網膜関門が破綻し、血管の透過性が亢進した結果、黄斑部の網膜へ血漿成分が漏出して貯留し、糖尿病黄斑浮腫(diabetic macular edema : DME)を発症します。

DMEは単純網膜症から増殖網膜症までDRのどの病期にも発症する可能性があります。

症状

黄斑浮腫が軽度であったり高度な黄斑浮腫でも時間が経っていないと自覚症状がなく、気が付かない方が殆どです。黄斑浮腫の状態が長く続くとかすみ目や変視症の原因になるだけでなく、網膜構造が破壊され高度の視力低下を引き起こします。

治療

ごく軽度のうちは糖尿病の治療で経過を見ますが、視力低下につながる黄斑浮腫は抗VEGF療法(アイリーア硝子体内注射)またはステロイドの注射などを全身状態を見ながらおこないます。

 

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME